特許取得は社会で活躍

新亜光学工業株式会社が取っている特許にはどんなものがある?

発明は社会貢献の為にある

発明する

発明は自然法則を利用した技術的高度な物です。発明して特許を取得します。
知的財産は創造意欲目的の考案や新品種、創造的活動の知的創造物についての権利と、使用者の信用維持目的の商標や商号の事業活動で営業上の標識についての権利です。産業財産は知的財産の特許権や実用新案権、意匠権や商標権を特許庁が所管します。新デザインやネーミングなどの独占権、模倣防止保護をします。信用維持で産業発展を目的とします。
勝手に利用されないように個人と企業の特許取得する、特許を売ると聞きます。または、先に特許取得してる技術で特許申請出来ない事をききます。発明は特許取得で技術や考案などを守ります。新しい技術などは第三者に特許取得で悪用される事を防ぎます。

特許申請

特許庁長官に特許願で特許出願します。提出された書類を不備がないかを方式審査します。同等研究を防ぐ為、出願から1年6ヶ月出願内容公開し、出願日から3年以内に出願審査申請をしなければ審査は行われません。
所定の特許要件を満たしているか調べる実体審査し、所定要件を満たしてないと拒絶理由通知が送達され、拒絶理由通知に意見書や補正書提出できます。実体審査の要件を満たしてないと拒絶査定謄本が送達され、拒絶査定は拒絶査定不服審判できます。実体審査で特許要件を満たしてると特許査定謄本が送達されます。
特許料納付し、特許査定謄本を送達され設定登録になります。一般公開で特許公報発行され、出願前に先行技術調査をします。特許取得は厳しい審査があります。


この記事をシェアする