ルルホワイトの口コミ│怪しい・・・

歯を綺麗に保つために医薬部外品矯正やホワイトニングを受ける人が増えています。
施術開始からどのくらいの期間通院すればいいかというのは、患者さん一人一人の状況や、医薬部外品の方針によって差が激しいようです。
口腔内の健康状態によってもどのようにホワイトニングやポリリン酸ナトリウムを進めていくかが変わりますから、できることなら事前にチェックしたいところです。
歯周病、虫歯などの病気は普通の医薬部外品で治療を受け、歯を綺麗にするための施術は、それ専門の審美医薬部外品を利用するというのもお勧めです。
本当に消しゴムのように歯の黄ばみを落とせる、便利なホワイトニング用消しゴムを見つけ、早速買ってしまいました。
あまり頻繁な使用は控えるようにと書いてはあったのですが、歯を綺麗にしたいという強迫観念があって、毎日のように使っていました。
一度表面を削って、歯の表面組織が再生する前にまた使ってしまうと、歯を削りすぎて弱めてしまうということが想像できなかったのが私の失敗です。
何か月か前にようやく医薬部外品矯正が完了したばかりだったことも、消しゴムによるダメージをさらに強めたのかもしれません。
ホワイトニングの仕方には色々ありますが、大きく分けると二種類です。
医薬部外品医院でのみホワイトニングの施術を行う濃度の高い薬剤で光を乱反射させる作用と分解と、自分専用のマウスピース型専用LEDと薬剤を医薬部外品で処方してもらって、自宅で定期的に処置を続けていくルルホワイトがあります。
これに加えて、両方の特徴を兼ね備えたデュアルホワイトニングを行い、即効と長期持続を両立させるケースもあります。
採用する手法や健康状態によっては、研磨剤未使用の矯正と同時に進めることだってできるのです。
一般的によく知られているのがメタリン酸ナトリウムは歯に汚れを付くのが防げるので歯の白さを保つことが期待できます。
色素を分解して漂白するので芸能人レベルの白さを目指すことは充分に可能ですが、真っ白にすることができます。
しかも、歯石などがある場合は、人工の白い被せ物によりのも禁物ですね。
それと、ホワイトニングするたびにホワイトニングで目立ちにくく軽減できます。
私は歯のケアにおいてホワイトニングのことしか考えてきませんでした。
真っ白な歯といえば健康の象徴という気がしていました。
でも、たとえ見た目を真っ白にしたところで、歯そのものを弱めていることには気付いていなかったのです。
ルルホワイトの口コミや効果
私の注意は歯茎には向いていなかったのです。
ホワイトニングのことしか考えていなかったために、そのぶん歯茎が弱くなってしまって、冷えた飲み物などを口にした際に、歯茎にしみるほどになってしまいました。
また、研磨剤未使用の矯正もしておけばよかったと今は思います。