予知がすごかったのだ

無理に思い出そうとしても思い出せないどういう基準で思い出せるのかもよくわからない。
しかも稀にノイズとでも言うべきハズレが存在するその原因もわからない師匠ころさんと一緒に寝ている時にその頃さんの見るよ家の同時体験してしまったことがあるという自分が予知夢の登場人物になって思考し行動しその体験が目覚めた後も自分の意識にそのまま繋がっていた。
そしてその内容頃さんは覚えていない同じだった今回の俺の体験と巻き込まれたというのはそういうことなのだ支障が見た夢のことは詳しく教えてくれなかったが口にしたくないほど恐ろしかったそうだ僕以外で巻き込まれた人は初めてかもしれないかもしれないが、実はそんなこともなかったようである