呪いの方法には色々ある

それを聞いた近隣の村の呪術師が彼女の友達を殺すため呪いをかけた。
それ以後彼女は友達が死んでしまったと言って探し物をしなくなったがドキドキ何もいない地面に向かって語りかけたり微笑んでいたりしたという。
信じようと信じまいと1883年から2年間の間全米を講演して回ったルールという15歳の怪力少女がいた。
本人はいたって内気で弱々しい平凡な牧師の娘であったが行くような男23人を持ち上げたり投げ飛ばしたりした科学者の調査によると秤の上のルルが物を持ち上げるとはかりは物の重量しか示さない。
彼女の体重が消えてしまうことが分かったがなぜそうなるのかは今もって納得いく説明がされていない信じようと信じまいとかつ亭ユタ州に幽霊列車の走る線路があった幽霊というだけあって誰もその姿を見た者はいない。
しかしこの線路上で列車にひかれたような死体が発見されたのは少なくとも14件に上る