見るも無残な胸の変化

ここ10年の間に子供を2回産んだ。
もともと胸のない私は、初めて妊娠した時のその自分の胸の大きさに歓喜の声をあげたほどだった。
そして初めての子供が生まれ母乳育児推奨の波に乗っかり、当初出なかった母乳だけど必死に頑張って、完全母乳で1人目の子供を育てた。
http://bicycle-station.jp/
2年近く授乳を続け、その間は期間限定のボインな胸に、戸惑い喜んだのだったが、やがて卒乳した。
その後はあれ?妊娠前より微妙に胸が縮んだかな?いや、気のせいかもしれないと思っており、ほどなくして2人目を妊娠した。
すると、小さくなっていた胸が見事に復活し、私の第二期ボイン期がやってきたのだ。
2人目も努力の甲斐あって完全母乳で育てることができ、その後1年半ほど授乳生活が続き、そして2人目も卒乳したのだった。
そして今、誰がどう見ても、あきらかに独身時代より胸がしぼんでしまった。
小さかった胸はさらに小さくなり、張りのなくなったソレは下に下がって行ったような感覚さえ覚える。
いや感覚を覚えるというより、明らかに垂れ下がってしまったのだ。
胸というのは大きいから垂れ下がるんだと信じて疑わなかったが、小さくても垂れることを身を持って立証してしまった。
今では見るも無残な形になっていることは、言うまでもない。