5151おまじないの目的

スペルの番号「5151」は、以下の情報を表しています。

この儀式は、18日から29日までの新月の間の金曜日に行われます。前日の夜、魔女は入浴して肉体を清め、精神的なエッセンスを浄化しなければなりません。清めた後は、純白の服を着て、頭には白いスカーフをかぶります。続いて魔女は、燃えるセージのスマッジスティックを使って、パートナーに求めるものが何であるかを平和に感じるまで、和解を求める気持ちを瞑想します。これが完了すると、呪文を唱える準備が整います。

このおまじないは、争いの当事者がお互いに傷ついた気持ちを内に秘めていて、実際の気持ちを理解していない場合に特に有効です。このおまじないの目的は、傷ついた感情を呼び起こし、それを認めることで、話し合って解決し、和解と許しにつなげることです。

復縁おまじない「5151」を行う際の注意点

過去のことでストレスを感じるのは当然のことですが、正直なところ、心配するだけ無駄だと思います。箴言29:11は、時間がすべての傷を癒すことを思い出させてくれます。この復縁の呪文を唱えると、過去の傷が癒され、二人の関係が一新されます。このおまじないを唱えると、過去の傷が癒され、二人の関係が一新されます。おまじないが終わった後、二人の関係に良い変化が現れると思いますよ。

儀式を唱える際には、適切な発音、発声、タイミングのすべての面で維持することが重要です。正確な言葉はそれほど重要ではありませんが、母国語の似たような音の言葉と混同しないように注意してください。配偶者やパートナーの名前をフルネームで呼び、体に合った清潔な服を着て、儀式が終わるまで6時間以上の時間をかけてから通常の活動を再開してください。

神々はこのカップルをとても喜んでいます。

慈悲、知性、欲望、注意深さ、努力、意識の大きな釜を、無常、死、苦しみ、不浄を観念する思考の香でかき混ぜる….

打ち合わせを終え、ハリーの家に戻ったのは真夜中でした。ダイアナは、ハリーに話をしなければならないと決心していましたが、それは二人きりになってからにしたいと思っていました。ハリーは、彼女が物思いにふけったような目をして、ちらちらと彼を見ていることに気づきました。彼女はとても弱々しく見えました。

以下の材料が必要となります。

クリスマス休暇で他の魔法使いたちがホグワーツに戻ってしまったため、ハリーには親友のロンとハーマイオニー以外に自分が学んだことを話す相手がいない。ハリーはロンとハーマイオニーに、ハリーがヴォル-という名前の闇の魔法使いから危険にさらされていることを、二人とも聞いたことのない名前で伝えるだけだった。12月20日、学期初めの晩餐会のためにホグワーツに到着した3人は、新しい「闇の魔術に対する防衛術」の教師ギルデロイ・ロックハート教授と一緒に来たウミヘビに囲まれていた。

セットアップ。

まず、相手が盗聴器の存在を認識していることを確認する必要があります。最も一般的な方法は、会社の上司にインタビューして、その人のオフィススペースにアクセスすることです。このインタビューの過程では、ターゲットに関する直接的な情報は得られませんが、あなたがネットワークに侵入しようとしているただの変人ではないことを証明できます。