TakumiHombuキャベツの調理法に依る節約術 切り方と調理の仕方

キャベツの調理法に依る節約術 切り方と調理の仕方
キャベツの切り方 量をアレンジする節約術
キャベツの切り方で、量をアレンジする節約方法があります。
キャベツの切り方というのは、ざっくりと一刀両断するのではなく、一枚一枚剥がしてから、切断するようにするのです。
このやり方では、切断面が不良のため、腐り始めていくということがありません。
そのため、キャベツの残りで捨ててしまう必要がないのです。
また、キャベツの切り方には、その量を節約する手法が有り、一般的に手で全体から葉をちぎり、さらにその一枚一枚を手でちぎると、包丁での切断が必要ありません。
そのために、料理に使用するときには、手でちぎった分、量が増えているように感じるのです。
これは、切断によりキャベツの葉の面積の見え方になりますし、料理のときに、水分が無駄に葉から流出しないようにする手法です。
キャベツの煮方 コストダウン節約術
キャベツの煮方というものがあります。
キャベツというのは、芯ほど煮ても量が減りません。
ですので、キャベツの芯だけを集めて、煮物にする手法があります。
キャベツの芯は固くて食べられないと思うのは、早合点というものです。
キャベツの芯はある程度のスライスにするか、じっくり煮込むことで、柔らかくなります。
ですので、キャベツの硬い部分は、捨てずにとっておき、煮物に使用するのが良い手法です。
はキャベツの大きなものの場合、外側の皮は、濃い緑色をしていて、固めなので、通常は捨てるものだと思われています。
ですが、この辺りのキャベツは、煮崩れせずに、葉としての容積を保ったまま、縮まらない性質があります。
ですので、葉キャベツの固いところは、煮物にして節約するのです。
キャベツの炒め方 ボリューム節約術
キャベツの炒め方というものがあります。
これは、キャベツに限らず、野菜炒め全般に言えることになります。
野菜は熱を加えすぎると、だんだんしなしなになっていって、水分が飛んでしまいます。
ですから、キャベツの葉が青く感じられる頃に、火を切って、炒めすぎないようにします。
野菜はしなしなになってから、熱を加えるとだんだん柔らかくなりますが、量的にお腹がいっぱいにはなりにくいのです。
ですので野菜のシャキシャキ感がある内に、火を止めて、予熱で熱を回す通りにします。
この手法で、少ない量のキャベツの炒めものでも、ボリューム有る食事がとれます。
そして、節約にもなるのです。
炒め方が足らない場合は、スープ系のとろみで熱を加えても美味しいです。
キャベツのサラダ お腹がいっぱいになる節約術
キャベツのサラダというのは、からだに良いとされています。
そして、そのキャベツのサラダで、お腹がいっぱいに慣れば、パッケージ品のサラダで、高出費になる心配がありません。
これは、キャベツのサラダの工夫になります。
切り方としては、千切りにするのに、切断面から2mm程度で切っていきます。
そして、サラダには、工夫として鶏肉の残りのスライスを加えたり、ドレッシングにも一工夫加えます。
そのドレッシングは余った煮物の汁を使用します。
浅めのフライパンに、残った汁物をお玉でひとすくい入れます。
そして、煮立たせてから、ドレッシングを加えるのです。
お好みで、オリーブオイルや、酢を加え、醤油で味をつけます。
これで、お手軽に、ちょっとしたミニスープ・サラダが完成するのです。
ボリュームが有るので食費の節約になります。
キャベツの漬物 キープする節約術
キャベツの漬物を作っておくと、料理の皿に工夫が加わります。
料理の皿は多い方が、お腹がいっぱいになる感覚になるのです。
そして、大皿を出さなくても、少量の皿が少し多めに有るおかげで、満腹感も増し加わります。
そして、サラダで通常使用するキャベツを、漬物にすることで、調理した後も、日持ちがして、食卓を彩るのです。
このキャベツの漬物は、一度湯に通してから、酢漬けにする手法があります。
酢漬けには、煮立たせた醤油やごま油を加えて、酸っぱいくらいに、そして塩付ける程度に濃くして食します。
この手法では、酢の量と塩の量により、酸化や腐食から守ってくれます。
お好みで、ごまを散らしたり、海苔をまぶしたりすれば、味が豊かになります。
漬物とご飯で節約になります。
【PR】https://www.zeirisi-tax.com/